血圧が高い方は、頭痛に悩まされることが多いと思います。 これは、血圧が上昇することによって、血管が急に広がり、脳神経が刺激されるからです。 血圧が高い人の頭痛は、時として危険な状態を知らせるサインの場合があります。 例えば、今まで経験したことのないような頭痛だったり、一緒に吐き気やめまい、動悸などがある場合には、非常に危険です。 もしかすると、その場合、「高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)性脳症」と言う病気(先天的なものも少なくないでしょう)の疑いがあります。 高血圧性脳症というのは、高血圧が原因で起きる病気で、脳の血管に異常が発生することで引き起こされるのです。 高血圧性脳症の症状が酷い場合は、けいれんや意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)障害を起こす恐れがありますし、そのまま放置してしまうと、脳出血、心不全(急性心不全の場合、呼吸困難から死に至ることもあるでしょう)などに発展する可能性があります。 そのため、高血圧の人が酷い頭痛や吐き気、動悸、めまいなどを感じた場合は、すぐに医師に相談された方が良いでしょう。 高血圧というのは、様々な病気を誘発する可能性が高い症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)なので、細心の注意をして生活しないといけませんー